FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FLAサンプル : やったータイピングゲームできたよー

タイピングゲームその1
スクリプト50行ぐらいで完成しいたじぇ。
(・ω・´)


例のごとく需要があるのか分かりませんが.FLAおいておきます。→ダウンロードページへ
タイピングっていいですよね。

その昔、自分は大学で情報系の学科に行く事が決まったにも関わらず、パソコン経験0だったわけですが。


なにを思ったかパソコンを買わずに、まずPS2のタイピングゲームを買ってきました。
セガのタイピングオブザデットってやつです。


タイピングができればPCの知識ナシでも授業に追いつけるハズだ!という甘い考えからタッチタイピングの練習を初めました。
(おかげで タイピング歴=パソコン歴+2ヶ月 という妙な式が出来上がってしまったわけですが)


自分の中では変な癖がつく前にちゃんと練習ができたので良かった思っております。
(∩'∀')∩~;*;+:


あと、実は初めて作ったゲームはタイピングゲームだったりします。
(C言語で)




プログラム的な事


タイピングのプログラムって簡単な物ならそこまで難しくないですよね。

大雑把に
1、文字列を用意
2、押されたキーを調べる
3、キーと最初の文字が一致するか調べる
4、2・3を調べる文字をずらしつつ繰り返す


だけです。これだけなら簡単ですよね。
おかげで配布した.FLAファイルのスクリプトも50行以下にまとまってます。




でもですよ! ちょっと手の込んだタイピングゲームならローマ字の入力の違いを吸収してくれますよね。

たとえば「ちゃ」→「CHA」「TYA」「CYA」

みたいな感じで…


この入力の違いへのアプローチは大まかに3つあります。

1、入力時にプログラムが判断
2、ユーザーがあらかじめ設定
3、無視。常に画面どうりに打つ



1は画面では「CHA」と表示されてるけど「TYA」と入力しても正解になるというプログラムです。
かなりの親切設計ですよね。ですけどその分プログラムも複雑になるのは必死だとおもいます。

2はゲームを始める前に自分がどういう風にローマ字を入力するのかを設定するタイプですね。
ユーザにとっては煩雑です、(むしろ設定せずにゲームを始めちゃって悲惨な結果に…)
自分が初めて作ったタイピングゲームにはこれを実装してました。

3は開発者にとっては最高にらくですけど、ゲームをする側からしたら最悪なこと請け合いですね。
今回配布中のスクリプトがこれに該当します。



実装するならぜひ1を作りたいものですが、かなり複雑なプログラムになってしまうでしょう。
誰かソース公開してくれてる人いませんかねぇ。(他力本願)

2を応用すれば1が簡単に作れるだろうと予測しているんですが、2でも十分面倒です…
自分が作ったプログラムのソースを探したんですが、どうも紛失した様子。。。



つくるとしたら2をまた作り直して1を実装する感じで…



(アルゴリズム的には皆さんどうやって実装してるんでしょうか
一文字づつ調べる? それとも正規表現とか?!)



以上。

テーマ : Flash
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

South

作者:South
Flashゲームとか作ってます。

リンク
カテゴリー
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンク
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。